レディ

土地を購入する前に探し方を知ろう|費用を抑えるには

敷地の形は千差万別

お家

豊かで面白い空間ができる

中野区に家を建てようと思った時、まずは土地探しから始めることになります。中野区の土地の形は、四角いや細長や不整形などがあり、それが平坦であったり傾斜であったりと千差万別です。家を建てるのは、形は東西方向に広がりのとれた長方形で平坦な敷地が良いと言われています。そのように整った土地は標準型の家が建てやすく一般的に好まれるからです。ですが実際に建つ家はそこで暮らす家族のライフスタイルが反映されたもので、標準型でおさまるところもあれば、それではおさまらずにその家族独自の型になる場合もあります。様々なライフスタイルに合った家を計画するには、土地の形も矩形で平坦な整形ばかりでは十分ではありません。中野区の傾斜地や狭小地などの変形地に家を建てようとすると、それだけ計画に苦労することになりますが、それが1つ1つのライフスタイルに合わせた家づくりを考えるよいきっかけになるはずです。中野区の変形な土地に建つ家は、標準型と比べると基礎や間取りが複雑になりやすく、工事費がかさむ傾向があります。また狭小地に立つ家は思うような規模が取れない分、それを補う工夫や我慢を強いられます。しかし、それだけに標準の家では得られない独自の型が生まれる可能性が高いといえます。一般に変形地や狭小地は整形で平坦の土地より地価は割安になり、差額分が複雑になる基礎工事費に回ることもあるでしょうが、差額分を標準型では得られない豊かさやユニークさをちりばめた家づくりに注ぎ込むことができるのは大きなメリットになります。